難病がみつかった?健康診断

難病がみつかった?健康診断

難病がみつかった?健康診断

健康診断は大切だということはよくわかります。
ここ一番の解決法ならカンジダのサイト。
実際に病気がわかり助かった人も、たくさん知っています。
私は健康診断で見つかった症状が、とても大げさになってしまった経験があります。
病院に行って医者の診断では、最初はごくありふれた病名が言われました。
しかし、2度目に行った時に医者の言うことには「ある難病の可能性がある。」と言われました。
その病気は、十万人に五人ぐらいの確率で発症する病気だそうです。
高収入治験コーディネーター必見!
「それを、調べるために今後いろいろな検査をしなければならない。」と言われました。
私は、聞いたこともない病名に驚き不安になりました。
そこで、医者の言うとおり検査をすることにしました。
血液検査から始まりレントゲン、CT、放射能検査などなど10種類以上の検査を受けました。
入院して検査を受けたこともあります。
しかし、その結果は曖昧なものではっきり難病の認定を受けられるものではありませんでした。
今から考えると、その確率はとても低いものであり検査結果から見てもとてもその病気になったのではないのだと、自分なりに思えてきました。
医者は、大丈夫だとは言いません。可能性はゼロでは、ないからです。

今でも、半年に一度程度、通院しています。そう、健康診断のつもりで通ったているのです。
厚待遇介護職員初任者研修通信注目です。


ホーム RSS購読 サイトマップ